スポンサーサイト

  • 2016.01.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大井川鐵道井川線:尾盛駅

    • 2016.01.17 Sunday
    • 07:36
    JUGEMテーマ:ぶらり旅
    秘境駅ランキング2位
    駅の風景Landscape of The Station
    橋のある風景(歩道橋)​
    くりぞうりさわばし
    鉄道
    接阻峡温泉駅から尾盛駅まで歩く・行き接阻峡温泉駅から尾盛駅まで歩く・帰り
    建物・建造物
    尾盛駅下の廃屋
    橋のある風景(鉄道橋)
    関の沢鉄橋

    くりぞうりさわばし

    • 2016.01.17 Sunday
    • 07:33
    大井川鐵道井川線:尾盛駅の手前にあるつり橋です。 寸又川に架かり、長さは80m、高さが10mです。オレンジ色に塗られた主塔が印象的です。 接阻峡温泉駅から尾盛駅まで歩く・行きの記事でも触れましたが、 ここは線路から見える遊歩道の2番目のつり橋。 遊歩道はここで終わっているとの事です。 山肌から対岸への大きなつり橋を架ける計画だったそうですが、事情により頓挫。現在に至るという訳です。 遊歩道は廃道となり、現在では通行することはできません。その姿は、井川線の車窓から眺めるのみです。 2016年1月現在、接阻峡温泉駅と井川駅の間は列車が運行されていません。井川線が復旧してからでないと その姿を見ることのできなつり橋です。ネットでこのつり橋のことを探した時には「ながしま80吊橋」と書かれていましたが、実際には「くりぞうりさわばし」というらしく、1991年3月に竣工されたつり橋の様です。橋の長さは66・5mで橋の幅は1m。耐荷重は100kg/mだそうです。とにかく吊橋は渡る時の人数制限があり、仮に遊歩道が完成しても、観光客誘致のための遊歩道として成立したか疑問が残るところです。ここまで到達するのも、楽ではないようだし、害虫や害獣の問題は・・・。

    こちらの写真が井川線で井川方面に向かって進むと見える廃遊歩道の一つ目のつり橋です。 かなり劣化が進み、到底渡る事は出来ません。

    池の谷吊橋

    • 2016.01.16 Saturday
    • 19:14
    大井川鐵道井川線:土本駅から800mほどで横澤橋横澤隧道がある地点に出ます。 そこで、横澤隧道を通り抜けて1kmほど進むと、池の谷の集落に降りる道があるので、 そこを下り、池の谷キャンプ場方面に進むと池の谷吊橋の左岸に出る事が出来ます。 集落に下る道には、池の谷キャンプ場の案内看板があります。このつり橋は、対岸の閑蔵集落(大井川鐵道井川線にも同名の閑蔵駅があります:静岡市)と繋がる、 大井川の支流「寸又川」に架かる高さ13m・長さ104mのつり橋です。この写真は、池の谷集落側から(寸又川左岸)からみた吊橋の様子です。赤く塗られた主塔が印象的です。踏み板は2枚あり、かなりしっかりとしたものです。

    吊橋の中央付近から下流を眺めた写真がこれです。作りがしっかりとしているため、吊橋特有の揺れも、少ない方だと思います。この吊橋から、静かに流れる寸又川と山々が織りなす風景を見ることが出来、心を癒してくれます。

    上流方面を眺めると、静かな山間の閑蔵集落を見ることが出来ます。池の谷と同様に、閑静なこの地で、ゆっくりとした時が流れているつり橋のある山間集落です。

    閑蔵集落から見た(寸又川右岸)、池の谷吊橋の写真です。一度に5人以上は渡れない旨の、案内看板が置かれています。この地域の人達だけだったら、無用の看板なのでしょうが、キャンプ場などもあり、観光的な役割を担っているので、どうしても必要な看板なのでしょう。

    建物・建造物

    • 2016.01.15 Friday
    • 17:40
    大井川鐵道本線:川根温泉笹間渡駅
    笹間川ダム
    大井川鐵道本線:塩郷駅​
    塩郷ダム​
    大井川鐵道本線:下泉駅
    境川ダ​ム久野脇発電所
    大井川鐵道本線:青部駅近辺
    大井川発電所​
    大井川鐵道本線:千頭駅近辺
    50フィート転車台
    大井川鐵道井川線:アプトいちしろ駅近辺
    アプト式ミステリートンネル
    大井川鐵道井川線:長島ダム駅近辺​
    長島ダム
    大井川鐵道井川線:尾盛駅近辺
    尾盛駅下の廃屋
    一足伸ばして

    横澤隧道

    • 2016.01.15 Friday
    • 07:41
    JUGEMテーマ:大井川流域、ぶらり旅!
    この隧道は、大井川鐵道土本駅から約800m位の所にあり、昭和46年6月竣工です。 横澤橋は、昭和45年3月竣工と書かれていましたから、それよりも1年3か月後に完成しています。 千頭森林鐵道の車道化に伴って大規模に改築に時間がかかったのでしょうか。 長さはおよそ100mです。 道幅も広いとはいえませんが、当時の交通事情を考えれば、妥当だったのかもしれません。 上部や左右の部分はコンクリート部分と明らかに時代が違って見えます。 恐らくは、抗門部分は作り替えられているものと思われます。 また、内部もコンクリートで巻かれ、照明も付いている事から、林鉄時代のものから、大幅な改築が行われたと思います。

    銘板はかなり立派で、「昭和四十六年六月竣工」と刻まれています。 この写真で上部の傘石とコンクリート部分との時代の相違を 比較する事が出来ます 。

    横澤の馬頭観音

    • 2016.01.14 Thursday
    • 19:27
    横澤橋を、寸又峡方面に向かって、左側の山手にこの馬頭観音はあります。左側には地蔵菩薩立像も祀られています。 馬頭観音には、道中安全の文字が刻まれています。しっかりとした顔立ちで、頭上の馬もしっかりと残っています。 この場所は、現在は車道になっていますが、以前は千頭森林鉄道が通っていた場所で、寸又峡方面へ観光客も乗せていました。 交通の要所には、馬頭観音が祀られる事が多く、この馬頭観音も例外ではないと思います。 また、千頭森林鉄道の車道化に伴い、他の場所から移転した可能性も残ります。地蔵菩薩立像の由来もはっきりとしたことは解からないのですが、この様な場所では事故が起こりやすく、 その為に命を落とした人たちの霊を、なぐさめるためではなかったかと推測されます。 この地蔵菩薩立像も移転された可能性が十分にあります。 それは、両石仏が台座の部分でしっかりとコンクリートで固定され、石仏の年代よりも新しそうに見えるからです。 勿論、後世の補強と考える事も出来ます。 お花などか供えられ、現在でも信仰されている石仏です。
     
    素朴なお顔立ちの馬頭観音です。長い間、そしてこれからも、道中の安全を見守って行く事でしょう。

    地蔵菩薩立像の写真です。慈悲深いお顔立ちで、苔生した感じが経た年月を感じさせます。建馬頭観音及び地蔵菩薩は、いつ頃の建立かは解りませんでした。

    横澤橋

    • 2016.01.14 Thursday
    • 19:22
    この橋は、大井川鐵道土本駅から約800m位の所に架かる橋で、昭和45年3月竣工です。寸又峡方面と沢間方面をこの橋と横澤隧道で分けています。 この橋を渡ると、77号線に出る事が出来ます。この橋は千頭森林鉄道の車道化に伴い、変化しているものの、 横澤橋と横澤隧道が直線的につながる光景は、鉄道らしさを感じ取る事が出来ます。 銘板は黒御影(花崗岩)を用いた重厚なもので、4枚のうちの一枚は、橋の大間側の分岐に関わる線形改良のため、 親柱が一本失われてしまい、千頭側の橋のたもとに置かれています。この写真は沢間側から見た、横澤橋の風景です。橋の向こうには、横澤隧道を見ることが出来ます。この橋の手前には、馬頭観音の石像があります。
    橋の上からの眺めです。木々に囲まれた、山間の風景です。

    巨木など

    • 2016.01.13 Wednesday
    • 07:49
    JUGEMテーマ:ぶらり旅
    大井川鐵道井川線:神尾駅近辺
    神尾駅のイチョウ
    大井川鐵道本線:大和田駅近辺​
    大和田八幡神社境内木(スギ)
    大井川鐵道本線:抜里駅近辺​
    抜里八幡神社の大杉
    大井川鐵道本線:家山駅近辺​
    家山八幡神社の境内木(スギ)
    大井川鐵道本線:田野口駅近辺​
    田野口・津島神社の五本杉
    大井川鐵道本線:駿河徳山駅近辺​
    徳山浅間神社の鳥居杉(夫婦杉) ​
    大井川鐵道本線:崎平駅
    崎平八幡神社の大杉​
    大井川鐵道井川線:接阻峡温泉駅近辺​​​
    岩瀧神社の巨木(モミ)
    大井川鐵道井川線:土本駅近辺
    土本のたこ杉土本のたこ杉:2016 新春​​​

    土本のたこ杉:2016 新春

    • 2016.01.11 Monday
    • 20:53
    JUGEMテーマ:大井川流域、ぶらり旅!
    土本のたこ杉は、すらりと伸びた杉林の中に​存在し、季節によって日の当たり方などが違う為、その見え方が変わってきます。今回は新年(1月)のたこ杉の様子です。撮影時間は午後2時位。スギ林の丁度良いすきまを通った光が、たこ杉の一部分にあたり、色々な表情を見せてくれます。

    たこ杉の、折れた枝の部分近くの、ごく一部に光が当たっています。折れた枝をみていると、隠された牙を想像させます。

    たこ杉の​下方から見上げた写真です。部分的に幹を照らし出す光が、たこ杉の神々しさを増幅しているようです。

     

    大井川鐵道本線:地名駅

    • 2016.01.10 Sunday
    • 16:53
    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    駅の風景Landscape of The Station
    民話・伝説
    地名(じな)という地名(ちめい)川除地蔵見返し峠たぬき和尚たぬき和尚についての考察
    伝承
    地名の阿弥陀堂
    旧跡
    地名発電所跡笹間渡発電所跡(473号線より)
    石仏
    地名の馬頭観音
    橋のある風景(車道)
    昭和橋鵜山大橋
    橋のある風景(水路・用水)
    地名用水
    橋のある風景(遺構)
    旧昭和橋主塔
    路の風景
    地名旧道地名廃道
    イベント
    地名の案山子コンテスト2015地名の日本短いトンネル(自称)地名の案山子コンテスト・一旗ウサギ(忌野清志郎)案山子(一旗ウサギ)の出来るまで地名の案山子写真集
    お店など
    昇陽堂御倉酒店

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM