スポンサーサイト

  • 2016.01.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    くりぞうりさわばし

    • 2016.01.17 Sunday
    • 07:33
    大井川鐵道井川線:尾盛駅の手前にあるつり橋です。 寸又川に架かり、長さは80m、高さが10mです。オレンジ色に塗られた主塔が印象的です。 接阻峡温泉駅から尾盛駅まで歩く・行きの記事でも触れましたが、 ここは線路から見える遊歩道の2番目のつり橋。 遊歩道はここで終わっているとの事です。 山肌から対岸への大きなつり橋を架ける計画だったそうですが、事情により頓挫。現在に至るという訳です。 遊歩道は廃道となり、現在では通行することはできません。その姿は、井川線の車窓から眺めるのみです。 2016年1月現在、接阻峡温泉駅と井川駅の間は列車が運行されていません。井川線が復旧してからでないと その姿を見ることのできなつり橋です。ネットでこのつり橋のことを探した時には「ながしま80吊橋」と書かれていましたが、実際には「くりぞうりさわばし」というらしく、1991年3月に竣工されたつり橋の様です。橋の長さは66・5mで橋の幅は1m。耐荷重は100kg/mだそうです。とにかく吊橋は渡る時の人数制限があり、仮に遊歩道が完成しても、観光客誘致のための遊歩道として成立したか疑問が残るところです。ここまで到達するのも、楽ではないようだし、害虫や害獣の問題は・・・。

    こちらの写真が井川線で井川方面に向かって進むと見える廃遊歩道の一つ目のつり橋です。 かなり劣化が進み、到底渡る事は出来ません。

    スポンサーサイト

    • 2016.01.24 Sunday
    • 07:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM