スポンサーサイト

  • 2016.01.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    白光神社の梵鐘

    • 2015.12.31 Thursday
    • 14:29
    JUGEMテーマ:ぶらり旅
    大井川鐵道本線:福用駅​近くにある白山神社の梵鐘の逸話です。
    白光神社の梵鐘について
    およそ1,400年前の昔、八高山(海抜832m)の頂上近くに 役の行者によって蔵王権現(現在の白光神社)が祭られた。 江戸時代の 享保四年(一七一九年)世の中は未だ神仏混合の時代。 高熊村民の有志によって子の梵鐘が奉納された。 この鐘の音が 近隣の山々村々に響き渡る平和な時代があり、以来200有余年を経て 先の太平洋戦争が始まり、この鐘も「金属供出令」により、 お国の為にこの地を離れることになった。 その後、鐘の行方を知る事もなかったが、 昭和五十二年浜松市天竜二俣の光明寺にある事が判り、 先輩諸氏のご苦労により、生まれ故郷の高熊に再び帰ることになりました。 釣鐘の里帰りは珍しい事である。
    製作年:享保四年九月、 製作者:駿州森町、鋳物師総大工:山田七郎左衛門、岡野五郎左衛門
    境内鐘楼堂近くの案内看板より

    これが、鐘楼堂の全景です。かなり立派な作りだと思います。梵鐘が戻った経緯は、梵鐘に近くのお寺の光明院の名前が刻まれていたのですが、光明院と光明寺を取り違えてしまい、別の寺院に行ってしまったらしいのです。しかし、ある時に地元の人が光明寺に出かけた時に、白光神社の鐘がある事に気が付き、案内看板にある通り、里帰りしたということでした。
    この写真は、梵鐘をやや下から見上げたものです。ずっしりとした梵鐘です。金属供出され、他の寺院に行き、里帰り出来るという奇跡的であり数奇な運命を辿った梵鐘ですが、今は生まれ故郷で静かに地域の人達を見守っています。この梵鐘に不思議な力が宿っているのでは?と思うのは私だけでしょうか?

     

    スポンサーサイト

    • 2016.01.24 Sunday
    • 14:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM