スポンサーサイト

  • 2016.01.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    了玄の経橋

    • 2015.11.30 Monday
    • 04:14
    JUGEMテーマ:ぶらり旅
    大井川流域の民話・伝説・むかし話 目次へ
    昔、京の都に夢窓国師という大層えらい和尚さんがおりました。 その国師が「疎石」と呼ばれた、まだ若い頃のお話です。 修行の、為地に、弟子の了玄を連れて京を出立した疎石は、 行き先を子供のころ立ち寄ったことにある家山の里に決めました。 家山の落ち着いた疎石は、幼心に映った美しい 野守の池の畔に庵を構え、熱心にお経を唱えたり、托鉢に出かけては、村人に説法したりしました。 こうした修行に明け暮れる疎石の様子は、たちまち村中の評判となりました。 そして、京から立派な和尚さんが来られたということで、村人たちは 聖副寺という大変立派なお寺を建てて、もっともっと教えを請うことになりました。 疎石は大層喜んで、村人たちの温かい心に報いるためにも、了玄と手伝いの僧の了順と共に一層修行に励みました。 村人たちも何か困ったことがあると、聖副寺に集まっては、和尚さんの法話を受けることも、たびたびでした。 こうして、家山の里で長い年月、修行を積んだ疎石は、「日本国中には、まだまだ立派な和尚さんが大勢 おられるにちがいない。もっ と修行をしなければ ・・・・・・・・・ 。」 「そうだ もう一度、 日本国中を回ることにしよう。 」 そう、 決心した疎石は 住み慣れた家山の地を離れることにしました。 二、 三日前から降り続いていた雨も、すっかり晴れあがって、 境内の 杉小立の中は ひんやりするほど気持ちのよい朝です。 今日は、 いよいよ疎石と丁玄が出立する日です。 この話を聞いていた 村人たちは まだ薄暗いうちから大勢 お寺につめかけてきました。 赤んぼうをおんぶった母親、野良着姿の男衆、 手ぬぐいを片手に杖を持った年寄りなど、 境内は それはそれは賑やかなものでした。 「和尚さんには、 まっとこの寺に居てもらいだいもんだがのう。」 「何とか、 お引き止めすることは、できんだったかのう。」 「ふんとに、 惜しいことだけえが、 これも和尚さんの修行のためじゃで なぁ・・・・・・。」 ああこう、ささやき合っているうちに、端正に旅支度を整えた疎石と 了玄が姿を現わしました。その後ろには、荷物を抱えた了順もいます。 二人の姿に気づくと、今まで、ざわっついていた境内は水を打ったように シーンと静まりました。 村人たちを前にした疎石は 深々と合掌すると一人ひとりの顔を じっと見渡していきました。そして、穏かな口調で最後のお別れの法話 をすると、 村人の中には目頭を押さえる者やすすり泣く声さえ聞こえて きました。それを見ていた疎石の胸にも、思わず熱いものがこみあげて きました。 話を抱えた疎石は、 再び村人たちに手を合わせていねいにおじきをすると、 寺を後にしました。 いつしか、朝日が三人の旅立ちを見送るかのように、さし始めてきました。 三人は、 大井川にさしかかりました。 二、三日前からの雨で、川は水 かさを増し、 濁流が、 ゴーゴーと音を立てて流れていました。 「ひどい水かさだ。和尚様、これでは、とうてい渡ることはできません。」 了玄は、心配そうに言いました。 見送りにつ いて来た大勢の村人も、疎石のそばに馳け寄って、 「和尚様、この大水じゃぁ、何にしてもご無理なことじゃ。 もう少し、 水が引いてからにしたらどうかのう。」 と、 引き止めようとしまLた。 疎石は、しばらくの間、じっと濁流を見つめていましたが、 たもとか ら数珠を取り出すと合掌をし、静かにお経を唱え始めました。 「かんじーざいぽーさつ、 ぎょうじん、 はんにゃあーはーらーみった.............. 。」 了玄をはじめ、 周りの人々も、 じっ とこの様子を見守っていました。 やがて疎石は、 持っていた経本を 取り出すと、 向こう岸めがけて、 「えいっ。」 と、 投げつけました。 経本は、さらさらっと広がり なんと ら向う岸へと経橋ができたで、はあり こちら側から向こう岸へと経橋できたではありませんか。 ませんか。 村人たちが、あっと驚くまもなく、 疎石は、すでにお経を唱えながらそ の橋を渡りかけていました。 すぐさま、弟子の了玄、そして了順と渡り始めました。 ざゃあてい、 ぎゃあてい、 はー らーきゃあてい、 ・・・・・・・・・ 。」 お経の橋は、 三人が渡ってもびく ともしませんでした。 村人たちは、経橋を渡っていく三 人を見つめて、 あれよ、 あれよと指さしながら、 ただ唖然としているだ けでした。 「 ・・・・・・・・ はらそうぎゃあてい、 ぽーぢーそわかー、 はんにゃあ しんぎょうー」 三人の唱えるお経の声も ゴーゴーと鳴る大井川の激流の音に、時々か き消されそうになります。 「どうか、ご無事で向う岸へ着きますように・・・・・・。」 村人たちも一心に祈り続けました。河原に座って祈る者 両手を合わせ て祈る者、 親子抱き合って拝む者など様々です。 ようやく、 橋を渡り終えた疎石は、 「懐かしい家山の里とも、いよいよこれでお別れになるのか ・・・・・。」 と、ふと思ったその時です。 荷物を持っていた了順が、 どうしたことか、ふらふらっと足元を乱して 落ちそうになりまLた。 すくに気がついた了玄は、素早く手を差し出し て 片腕をつかみました。 しかし、 すでに片足を踏みはずした了順を助 け上げることはできず、 二人は、抱き合うようにして、濁流の中に落ち てしまいました。 この様子を見ていた村人たちは、 たちまち蜂の巣をつついたように、 大騒ぎになりました。 「了玄さまー。」「了順さまー。」 村人たちは、 てんでに大声で叫びながら、土手の上や川原伝いに駆け下 りました。 助けを求める間もあらばこそ、頭や腕が二度三度、波の上に出ただけで、 あっという問に二人は、波に呑み込まれてしまいました。 村人たちの大声で、はっと振り返った疎石の眼に、もがきながら流さ れていく二人の姿が映りました。 疎石は、 川下に向かって一心不乱にお 経を唱えました。 やがて、疎石は、こみ上げてくる涙をこらえて じっと天を仰いでお りました。 幾日かたって、 二人の死体は、下流の高熊の辺りで見つかりました。 疎石と村人たちは、深く悲しんて手厚くく葬ってやりました。 その後、村人たちは、二人が川に落ちた近くに石碑と小さなお堂を 立てて供養をすることにしました。 それで、この辺りを今ても 「了玄」 という地名で呼んでいます

    (了玄の経橋より)

    伝説「了玄の経橋」と碑 家山の野守の池のほとりに国師堂がある。 昔この所に京都の名僧・夢想国師の開いた正福寺があった。 しばらくこの寺に滞在した国師は、やがてこの池を去るにあたって 大井川に経橋をつくり、これを踏んで川を渡り駿河の国にへ行きました。 国師の弟子に了玄・了順という僧がいて、国師に倣って経橋を渡ろうとしたが、 どうしたことか法力が国師に及ばず、橋の中頃に至って濁流に落ちてしまい、 その死骸は下流の金谷高熊の川岸に流れ着いたと伝えられている。 了玄・了順のお堂は150m程離れて、別々にあったが道路改良により、 このお堂に共に祀られるようになった。
    (案内看板より)

    大井川鐵道本線の家山駅から徒歩で7-8分位の所に、了玄・了順の地蔵尊と碑はあります。 桜トンネルをぬけたら直ぐの所です。 これが、了玄・了順の地蔵尊のお堂です。
    お堂には、2体の石仏が祀られています。 左が了玄、右が了順です。
    この写真は、了玄の碑になります。伝説と案内看板の内容に少し食い違いがあるようです。どちらが正しいのかは解りませんが、私的には、先に書いた伝説の方が好きです。

    *了玄・了順の亡骸が見つかった高熊は、福用の近辺に地名が残っています。

    スポンサーサイト

    • 2016.01.24 Sunday
    • 04:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM